アレルギー科

インターネット診療予約はこちら オンライン予約について 初診・再診受付方法のご案内

インターネット診療予約はこちら

オンライン予約について 初診・再診受付方法のご案内

池袋皮膚科のブログ

診療カレンダー

6月
29
診 療
30
診 療
31
診 療
01
診 療
02
診 療
03
診 療
04
休 診
05
診 療
06
診 療
07
診 療
08
診 療
09
診 療
10
診 療
11
休 診
12
診 療
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
診 療
17
診 療
18
休 診
19
診 療
20
診 療
21
診 療
22
診 療
23
診 療
24
診 療
25
休 診
26
診 療
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
診 療
01
診 療
02
休 診
日曜日・祝日は休診日です

【診察受付時間】
平日前半 12:00-14:30
平日後半 17:00-21:15
土曜日  12:00-15:30

※診察終了時間30分前までに受付をお済ませください。
※混雑時には受付時間内であっても受付終了とさせていただくことをご了承ください。
7月
26
診 療
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
診 療
01
診 療
02
休 診
03
診 療
04
診 療
05
診 療
06
診 療
07
診 療
08
診 療
09
休 診
10
診 療
11
診 療
12
診 療
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
休 診
17
休 診
18
診 療
19
診 療
20
診 療
21
診 療
22
診 療
23
休 診
24
診 療
25
診 療
26
診 療
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
休 診
31
診 療
01
診 療
02
診 療
03
診 療
04
診 療
05
診 療
06
休 診
17日の祝日は休診です

日曜日・祝日は休診日です

【診察受付時間】
平日前半 12:00-14:30
平日後半 17:00-21:15
土曜日  12:00-15:30

※診察終了時間30分前までに受付をお済ませください。
※混雑時には受付時間内であっても受付終了とさせていただくことをご了承ください。

:休診 :前半休 :後半休

クリニック限定化粧品・UVケア商品

facebook

googleplus

エキテン

Medical Mall

携帯サイトQRコード

患者の気持ち

Powered by 口コミ病院検索QLife

アレルギー検査

アレルギー

池袋皮膚科では各種アレルギー検査(View アレルギー39やMAST36等の他、金属・食物・花粉アレルギー検査等)を行っております。お気軽にご相談ください。

また、アレルギー検査の他に産業医学(鉛・有機溶剤)関連検査 を行っております。
産業医学検査項目は健康保険が使用できない自費検査となりますので、 料金などはお問い合わせ下さい。
また、産業医学の採血検査項目に関しましては自費検査で要予約となりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。
詳しくはこちら


注)小学生未満の乳幼児採血は小児科での実施をお願いしております。

なお、池袋皮膚科の主なアレルギー検査につきまして以下にご説明をさせて頂きます。

View アレルギー39

アレルギー性鼻炎(含む、花粉症 )や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などアレルギー疾患は様々な症状を呈します。
アレルギー 治療する上で感作アレルゲンを特定する特異的IgE検査は多くのクリニックをはじめとする医療機関 で行われています。

しかしながら原因アレルゲンは様々で、且つ一つと限らないため、数多くのアレルゲンを検査したいというニーズに応えられないなどの課題がありました。

そこで池袋皮膚科では、「Viewアレルギー39」という少量の採血でアレルギー症状の重要な原因アレルゲン39項目を同時に測定することが可能な検査を取り入れています。 Viewアレルギー39はアレルギーの原因物質のスクリーニングに有効な検査です。

Viewアレルギー39はアレルギーの原因物質のスクリーニングに有効な検査です。
※健康保険適応です。(3割自己負担で概ね5千円程度)

お子様でも可能な検査です

必要な採血量はごく少量のため、お子様でも多項目の検査が可能となります。
構成するアレルゲンには近年ハウスダストによるアレルゲンの原因物質として認知度が高まりつつある屋内アレルゲンの昆虫(蛾やゴキブリ)やアトピー性皮膚炎の悪化因子の一つとされているマラセチア、食物アレルゲンでは生卵が陽性で摂取ができなくても加熱卵なら食べることができる可能性の確認が可能なオボムコイドが含まれています。

また、患者数が増加傾向にあるOAS(口腔アレルギー症候群)の代表的な食物であるキウイや林檎、さらに原因アレルゲンとして判別しにくい鯖や胡麻など発症頻度の高いアレルゲンで構成された検査項目が特徴です。

VIEW39で調べられるアレルゲン

MAST36(マスト36)

36種類のアレルゲンにアレルギーがあるかを一度に測定できるアレルギー検査です。 発症頻度の高い36項目のアレルゲン測定結果が分かります。 アトピー性皮膚炎や花粉症を含むアレルギー性鼻炎などの原因を発見することができます。
なお、少ない採血量で検査できることもメリットの一つです。
※健康保険適応です。(3割自己負担で概ね5千円程度)

MAST36で調べられるアレルゲン

詳しくは池袋皮膚科までご相談ください。

金属アレルギー検査(パッチテスト)

背中などの皮膚に金属の試薬を貼り付け、皮膚反応を観察しアレルギーの原因金属を調べるテストです。

調べられる金属

パッチテストによる金属アレルギー検査では、以下の金属についてアレルギーがあるか調べることができます。

アルミニウム、コバルト、スズ、鉄、白金、パラジウム
マンガン、インジウム、イリジウム、銀、クロム、ニッケル
亜鉛、金、銅、水銀

金属アレルギーとパッチテストについて

金属アレルギーと聞くとピアスやネックレス、指輪をした部分(つまり金属と直接触れた部分)がかぶれるというイメージをお持ちではないでしょうか?

しかしながら直接に金属が触れていない部分にもアレルギー症状が出る場合があります。
奥歯の銀色の被せ物や詰め物等の歯科材料から溶け出した金属イオンが身体に吸収されてアレルギー症状を起こす場合や金属アレルギーのある方が摂取した食物の中の微量金属で皮膚に発疹がでる場合などがあります。

金属アレルギーが疑われる場合はパッチテストでその原因の金属を調べます。 パッチテストは背中に金属の試薬を専用のテープで貼り付け、48時間後と72時間後、1週間後に判定します。 貼った部分が赤く反応していれば陽性です。
原因となった金属が判明したら、その金属を身に着けたりせず、また摂取も控えることにより皮膚等からアレルギー症状が改善する場合があります。

乳幼児の食物アレルギー

2歳までの食物アレルギー

乳幼児の食物アレルギー

0才~2才までの3大アレルギー原因の食物は、鶏卵、乳製品、小麦となっています。 しかしながらこれらの割合は3歳くらいまでに減少していきます。
食物アレルギーは食後2時間以内に強く症状の現れる即時型反応が問題となり、様々なアナフィラキシー症状(蕁麻疹、発赤、嘔吐、呼吸困難、喘鳴等)を引き起こします。

4歳以降の食物アレルギー

4才以降は、海老や蟹等の甲殻類や蕎麦、果物、魚卵などの割合が相対的に増えてきます。 これらは成人などでも耐性獲得は少ないためアナフィラキシー症状を起こすことがあります。
現在、特定アレルギー食品(卵・乳・小麦等)の食品表示が義務づけられていますが、店頭販売や外食での表示義務はないため特に注意が必要です。

エピペン(アドレナリン自己注射薬)の処方を行います

アナフィラキシーショック緊急時自己注射のエピペンが、処方資格取得により処方可能になりました。
保険適用となりますので、処方をご希望の方はご相談ください。

アナフィラキシー・エピペンについて詳しくはこちら

アレジオン点眼液 ~目のかゆみにお悩みの方へ~

池袋皮膚科では、コンタクトレンズ装着時でも使用できる、アレルギー結膜炎(花粉症など)の新しい点眼薬「アレジオン点眼液」の処方を行っています。

アレジオン点眼液とは

抗アレルギー薬が配合される目薬で、ソフトコンタクトレンズに付着するベンザルコニウム塩化物が無添加になった唯一の抗アレルギー点眼剤です。

アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの体内物質の働きをおさえる作用があり、目のかゆみ、結膜充血、涙目、目やになどのアレルギー性結膜炎にともなう症状を改善します。
副作用の心配がほとんどなく、長期間安心してご使用いただけます。

ヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射を行います。

花粉症やアレルギー対策にヒスタグロビン注射とノイロトロピン注射を行っております。
保険適用となりますので、ご希望の方はご相談ください。

●ヒスタグロビン注射

ヒスタグロビンは体内でアレルギー反応をおこすとされている「ヒスタミン」への抗体となり、アレルギー反応でヒスタミンが生じても反応を抑える事が出来ます。
また、ステロイド注射とは違い副作用が極めて少ないことが特徴です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、体がアレルギー反応を起こしているときは、体内でヒスタミンという物質が作られ、それが過剰な生体反応を引き起こしています。
そこで、ヒスタグロビンを定期的に注射することでヒスタミンへの抗体をつくり、アレルギー反応でヒスタミンが生産されても、耐性ができて反応を抑えることができます。
慢性的な花粉症でお悩みの方には非常に有効な治療法です。
(効果には個人差があります)

ノイロトロピン注射と一緒に投与すると相乗効果でさらに有効性が高まります。
注射の回数は、大人は1クール週2回×5週で10回、小児は1クール週1回×10回が目安となります。
効果を見ながら適宜クール追加を行います。

<こんな方にも有効です>

すでに症状が始まっている方
内服薬や点鼻・点眼剤で治りにくい方

●ノイロトロピン注射

ノイロトロピン注射は花粉症のくしゃみ・鼻水、目のかゆみなどの幅広い症状を鎮静化させます。
また、花粉症などのアレルギーの他、湿疹・蕁麻疹など各種皮膚疾患によるかゆみにも効果があるため、原因が判らない皮膚のかゆみにも安心して使用できます。
健康保険の適用の注射薬で、飲み薬との併用も可能です。
また、副作用がほとんどありません。

注射の回数は、大人は1クール週2回×5週で10回、小児は1クール週1回×10回が目安となります。
効果を見ながら適宜クール追加を行います。

ダニ舌下免疫療法治療薬「アテシア舌下錠」「ミティキュア舌下錠」について

ダニ舌下免疫療法治療薬アシテア舌下錠の処方を行います

平成27年5月にハウスダスト(ダニ)によるアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法(SLIT)の薬『アシテア』が日本で承認されました。

当院では平成27年11月19日より処方を行っております。
保険適用となりますので、ご希望の方はご相談ください。
※この治療は、指定認可を受けた医師のみ実施できます。
当院院長は指定認可医師です。

ダニ舌下免疫療法治療薬ミティキュア舌下錠の処方を行います

当院では『アシテア舌下錠』のほかに平成27年9月承認された『ミティキュア舌下錠』の処方も行っております。

当院では12月3日より処方を開始いたします。
保険適用となりますので、ご希望の方はご相談ください。
※この治療は、指定認可を受けた医師のみ実施できます。
当院院長は指定認可医師です。

2014年に発売されたスギ花粉症の舌下免疫療法治療薬『シダトレン』に次いで、日本で発売されるアレルギー性鼻炎に対する根本的な治療薬です。

アレルギー性鼻炎は、スギなどの花粉やハウスダスト、動物の毛などが原因で起こりますが、季節を問わずに発症するアレルギー性鼻炎は「ダニ」が主な原因といわれています。
「アシテア」「ミティキュア」は、ハウスダスト(家ダニ)の主要抗原である、ヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニを含有するアレルゲン免疫治療薬です。
アレルギーの原因となる抗原を少しずつ増量しながら投与していくことで、抗原に対する免疫応答性を弱めていく治療方です。

受診の流れは、まず初診でダニアレルギーがあるかどうかの採血検査を施行します。
1週間後アレルギー検査でアシテア・ミティキュアの処方に問題がなければ処方開始となります。
その後は2週間に1回お薬の処方を受けに通院していただきます。

治療の対象は12歳以上です。
お薬を2年以上、毎日服用することで症状の改善や根治が期待できます。
※効果・治療期間には個人差があります。

ハウスダストのアレルギー鼻炎でお悩みの方は、ご相談ください。

診療時間・マップ

所在地
〒171-0022
豊島区南池袋2丁目-29-10 金井ビル5階
電話
03-6912-5320
最寄駅
JR「池袋駅」東口より徒歩約3分
有楽町線「東池袋駅」より徒歩約2分
診療科目
一般皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科

診療受付時間

 
12:00~14:30
17:00~21:15
 
12:00~15:30

※混雑状況により受付終了時間が早まることがございますので、お早目の受診をお願い致します。
※土曜日は休憩なしで診療を行います。

休診日:日曜・祝日