ニキビ治療薬「エピデュオゲル」処方について ※保険診療

エピデュオゲル

新しいニキビ治療薬「エピデュオゲル(外用薬)」を平成28年11月4日より処方いたします。
このお薬はアダパレンと過酸化ベンゾイルの配合剤です。
アダパレンは表皮の角化細胞の分化を抑制し毛穴の閉塞を防ぎ、にきび(面ぽう)の形成を抑制します。また過酸化ベンゾイルはざ瘡(にきび)の原因菌の増殖を阻害し、角質細胞の結合をゆるめ毛穴の閉塞を改善させます。
このお薬は赤みのあるにきびや白にきび・黒にきびなどに治療の際に処方いたします。

※使用方法

就寝前の1日1回、洗顔後、患部に適量を塗布します。
1日1回塗布するだけなので、塗り忘れなども少なく治療を続けやすいのが特徴です。

※使用期間について

お一人お一人の状態により異なりますので医師にご相談ください。

池袋皮膚科では、エピデュオゲルのほか、 ゼビアックローション(保険適応)ゼビアックローション(保険適応)ディアック配合ゲル(保険適用)ディアック配合ゲル(保険適用)べピオゲル処方(保険適用) べピオゲル処方(保険適用)トレチノイン(自費)アゼライン酸軟膏(自費)ピーリング(自費)など、各ニキビ治療も行っておりますので、ニキビでお悩みの方はご相談ください。

もどる

Copyright©   池袋皮膚科. All rights Reserved.